債務整理

「債務整理」とは、専門家である司法書士の力を借りたり、裁判所を利用したりすることによって、自分では借金を返済することが困難になっている人が、生活及び人生の再建(=リセット)を図る法的手続のことをいいます。

認定司法書士による債務整理の方法には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の4つがあります。

任意整理は、裁判所などの公的機関を利用せずに、司法書士が債務者(依頼人)の代理人として債権者(消費者金融業者など)と個別に交渉し、生活の再建を図る手続きです。

メリットとしては、認定司法書士による受任通知を出しますので、債権者の催促、取立などの行為がすぐに止まります。

又、止まった後は、時間とゆとりができますので、依頼人は平穏な生活を取り戻すことができますし、債権者に対する返済費用などを蓄えることも可能になります。

返済は、利息制限法に基づく金利に圧縮した計算をして、計画しますので、実際の元金が、かなり減少することも少なくありません。

その支払い方法も、

◆原則として分割払い

◆受任通知を出した後は、将来利息はかからない


という方式を、当事務所が、債権者に対して交渉いたします。